こんにちは、Ktaです。

ネガティブコーディネートの回です。

今回はベッドのレイアウトです。

家具の中でもベッドは特大のサイズです。

過去の投稿でも紹介しましたがベッドのレイアウトで随分と動線に影響があります。

今回も動線に影響を及ぼすベッドのレイアウトを作りましたのでそれを紹介したいと思います。

動線の悪いベッドレイアウト

まずは動線の悪いベッドのレイアウトです。

一枚目です。このアングルからはどこがどう悪いかはわかりません。

二枚目です。これでどこの動線が悪いか分かるかもしれません。

3枚目です。改善が必要な部分を中心に写しています。

改善が必要な動線

改善が必要な動線はダブルベッドの壁に面している部分です。

ダブルベッドなのに片側と下側からしかベッドに入れません。

これでは片側で既に人が寝ていたら、次にベッドに入る人は下側から入らなければなりません。

動線を改善したレイアウト

改善結果からお見せします。

壁に接していたベッドを壁から離しました。これでベッドの下側から入らずに済みます。

ついでに家具や壁紙の材料も変えたり、ベッド脇にナイトテーブルを置いたりしました。

最後の一枚です。レイアウトの面でこちらのほうがバランスが取れているように感じます。

最後に

ベッドを数十センチ動かすだけの簡単な内容でしたが重要な部分です。

部屋のスペースに多少の余裕がありましたら今回のレイアウトを試されるのはいかがでしょうか。