こんにちはKtaです。

日本の家には寝るためだけに使っている部屋があります。

以前は色々と物を作ったりする部屋として使っていましたが、生活を変えようと掃除したことで今は空っぽの寝るためだけの部屋になっています。

自己紹介でも公開していますが、これがその部屋です。

寝るのは他の部屋でも出来るので、この部屋をホームオフィスとして使った場合のインテリアを作りましたので公開します。

結局使わないスペースが多い

まずはコーナーデスクを設置しました。

この家は鉄骨作りで部屋の角に飛び出している部分がありますので、それを避ける形のデスクとしています。

机の一辺には作業用のパソコン、もう一辺には事務用のパソコンやタブレットを置いています。

 

机には一脚だけ椅子を置いてます。

オフィスということでアーロンチェアをにしました。見た目は好きではありませんが、座っている間は椅子の姿は見えませんので、機能を重視することにしました。

 

本棚のような棚は設置しません。

本は電子書籍を購入するか、紙の本を電子化しています。 置物などの部屋を飾るための置物なども買わないです。

 

この家は古いせいで風通しがものすごく多い(隙間風が入る)ので、暖房をつけていないと朝ものすごく寒いです。

寒さ対策としてだるまストーブを設置しましたが、石油を使うと湿気が酷いので、実際に置くなら別の暖房器具かもしれません。

クローゼットはいらない?

この部屋にはもともとクローゼットが二つと階段下倉庫の入り口が一つあります。

階段下倉庫の入り口は無くしようがありませんが、クローゼットは無くすことができます。

現実にクローゼットには何も入っていませんし、部屋には片付けるものがありませんので、クローゼット自体いらないかもしれません。

空いたスペースに何を置くかといわれると何もありませんので、わざわざ無くす必要もないですが・・・・

少し殺風景

作業用パソコン側を見た絵です。

この角度からみると部屋が殺風景に見えます。

パソコン裏の壁のスペースがもったいないので、照明を設置すればよかったと思います。

ポスターは日焼けするのでマメに交換できる人でなければ貼るのをおすすめしません。

最後に

必要な機能だけを入れた部屋ですが、飾りを考えなかったせいで殺風景な部屋になってしまいました。

いずれ本当にホームオフィスを作ろうと思っているので、今回の反省を活かして更新版を作ろうと思います。