こんにちは、Ktaです。

今回のネガティブコーディネートは日当たりの良し悪しです。

日当たりの違いで部屋の雰囲気がガラリと変わります。

一般的には南向きがいいとは言いますが、南に向いていたとしても目の前にビルがあったら日当たりは悪くなります。

今回はそのような視点からモデルを作成しましたので、紹介します。

“インテリアコーディネート”ではありませんが、ご容赦ください。

日当たりの良い部屋

まず前回投稿した部屋を引き合いに出します。

この部屋は見栄えを考慮して日当たりを考えましたので、照明をつけなくとも明るすぎず、暗すぎずの部屋になっています。

日当たりの悪い部屋

次に日当たりの悪い部屋です。

この部屋は方角も季節も時間帯も変えず、窓の目の前に障害物=建物を設置しただけの部屋です。

画像加工でわざと暗くしているわけでもありません。

ラグを設置し忘れましたが、むしろラグが無いことで光の反射は増えるはずですが、それでも暗いです。

まとめ

如何でしたでしょうか。

日当たり具合で部屋の印象が随分と変わることがわかると思います。

日当たりはインテリアコーディネートではどうしようもできませんので、真っ先に検討することの一つとするのが良いと思います。

最後に比較のために画像を並べます。